• 一般サイトトップ
  • 会員サイトトップ
  • 農業農村整備の情報化
  • 技術情報
  • 水土の礎
  • 出版・広報誌・映像

> ARICについて > 事業概要 > 研究開発

研究開発

   農業農村整備の情報化(通信ネットワークを介した電子データによる帳票作成、演算、情報の管理・共有等)を支援するための情報システムの研究開発、提供を行うことにより、農業農村整備事業の円滑な施行の確保と発展に寄与します。

1  国営事業の情報化に関する研究開発

   農業農村整備の国営事業において利用される標準積算システム、契約事務システム、電子納品物保管管理システム等の「農業農村整備事業総合支援システム」をはじめ、「農業水利ストック情報データベースシステム」、「国営造成土地改良事業防災情報ネットワークシステム」等の開発に携わっています。

2  補助版標準積算システムに関する研究開発

   農業農村整備の補助事業の発注者を支援するための「補助版標準積算システム」の開発を行い、地方自治体、独立行政法人、土地改良事業団体連合会に提供しています。また、各利用者の条件に合わせ、システムの運用に必要なサーバの保守管理やプログラム・データ等の配信を行うとともに、利用者向けホームページの運営やシステム管理者に対する各種説明会・講習会の実施等、システムの円滑な利用のための支援を実施しています。

3  災害復旧事業事務システムに関する研究開発

   農地・農業用施設の災害復旧事業の申請者を支援するための「災害復旧事業事務システム」の開発を行い、地方自治体に提供しています。また、各利用者の条件に合わせ、システムの保守管理やシステム管理者に対する各種説明会・講習会の実施等、システムの円滑な利用のための支援を実施しています。

4  その他、農業農村整備の情報化に関する研究開発

   農業農村整備のライフサイクル全体(計画、調査、測量、設計、積算、入札契約、施工、施設の維持管理、災害復旧、施設の補修・更新等)の情報化を図り、農業農村整備事業の円滑な施行の確保と発展に寄与するための研究開発を実施していきます。

ページの先頭へ戻る