• 一般サイトトップ
  • 会員サイトトップ
  • 農業農村整備の情報化
  • 技術情報
  • 水土の礎
  • 出版・広報誌・映像

農業農村整備の情報化 > 総合評価落札方式の支援(契約情報データベース)

総合評価落札方式の支援(契約情報データベース)

 

 公共事業の品質確保の促進に関する法律(平成17年法律第18号)が平成17年度から施行され、公共工事の品質は、経済性に配慮しつつ価格以外の多様な要素も考慮し、総合的に優れた内容の契約がなされることにより確保されなければならないと規定されています。

    

 農業農村整備事業においても、一層の品質確保を図るため、総合評価落札方式(価格以外の要素を落札基準に加えた審査方式)の整備・普及が推進されていますが、農業農村整備情報総合センターでは、農林水産省の「農業農村整備事業品質確保事業」による補助を受け、農業農村整備事業を実施する地方自治体等の工事における総合評価落札方式の導入拡大を目的として「総合評価落札方式マニュアル」を作成致しました。

<総合評価落札方式とは>

  価格だけで評価していた従来の落札方式とは異なり、品質を高めるための新しい技術やノウハウなど、価格に加えて価格以外の要素を含めて総合的に評価する落札方式です。


 「総合評価落札方式マニュアル」は、総合評価落札方式に初めて取り組む発注担当者向けに作成されており、本編にて総合評価落札方式の基本的な手続きの流れを解説し、参考資料編に事例や関係法令等を収録しています。


 また、総合評価落札方式マニュアルの作成と合わせて、国営の農業農村整備事業の工事の受注業者の実績情報を収集・整理した「企業データベース」を構築しました。これを基に、さらなるデータの追加、システムの改良を行い、平成26年1月に「ARIC契約情報データベース」として運用を開始致しました。

 「ARIC契約情報データベース」のご利用に当たっては、IDが必要です。詳細は下記の担当窓口までお問い合わせください。



資料名称 作成年月 概要 内容
総合評価落札方式
マニュアル
(本編)
平成23年3月 総合評価落札方式の概要と
手続きの流れを解説
本編
(PDF)
総合評価落札方式
マニュアル
(参考資料編)
平成23年3月 本編を補完するものとして、
事例や関係法令等を収録
参考資料編
(PDF)
ARIC契約情報
データベース
平成26年1月
(随時更新)
国営等の農業農村整備事業
の工事及び業務の契約実績
の情報を収録
データベースへの
リンク



お問い合わせは、下記担当までお願い致します。


 担当窓口: 一般社団法人農業農村整備情報総合センター 研究第1部
        E-mail:annai@aric.or.jp
        TEL:03-5695-7177
        FAX:03-3664-2100

農業農村整備の情報化